忍者ブログ
Admin / Write / Res
ボサ樽のFF11プレイ日記
[12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どーーーーん!


ジュノピアスが欲しいと思って練成してたら、なんか爆発でふっとばされて暫くこのポーズのままになりました。タゲをかえると頭だけグリグリ動く不思議^q^

これ、普通に他の人にもこのポーズで見えるんだろうか?



まぁそれはどうでもいいとして、最後の過去サンドクエのネタバレ雑感です

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ここからネタバレ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

とりあえず↓こんなかんじで終始します。

なにこのセルフPL! 自分で自分を鍛えるよ! 大将ッパネェっすみたいな。


そしてビスティヨ(戦車の中の少年)が女子、しかもメガネっ娘(つうても30過ぎ)。
やだ…なにこの露骨な萌え設定……。


そして哨戒兵のロロン君。
なかなかイケメンに成長してますが、脇腹を攻撃されたのに何故かKOKANを押さえてぐったりしています。
ムダに作りこんだモーションなのは何故なのか……。


そして現在のExcenmilleと過去の子Excenmilleのタッグも見れます…が、なにそのスカイラブハリケーン?的なアクロバティックな技が見れます。打ち合わせはしてないっぽい不思議。なんかこの必殺技、名前ついてないんかい。

大Excenmilleは北サンドの入り口のところで、野ざらしでずーっと「バリスタたのしいお!」って云ってる能天気なF2だと思うんですが、案外子供のころは利発なお子さんですね。
まぁクエストに出てきた彼はそこそこシブイかんじで活躍はしてましたが、なんか20年間ずーーーっと年上の女を一途におっかけてようでした^q^ あらやだケナゲ^q^
現代のあのアホっぽい感じとハルヴァーの言動からみると、結婚はできてないようですね。


そんなホノボノとした大団円のようで、ちょっと可哀想だったのが後の竜騎士シラヌス兄さん。
弟マシェーグを失い、竜騎士の道を歩むムービーがふいに挟まれますが、彼自身も20年後は魂を蝕まれ、投獄されて親友ラーアルの手にかけられます。
この兄弟は本当に可哀想だなぁ。
なんかシラヌス周辺だけでもなかなかお話が深そうなので、ここのシリアス設定がエルヴァーンの容姿もあいまってドラマチックだなー。脇で片付けるのもったいない。

でも兄さんはそこで両手刀を選べばよかったのに! そしたらモテモテだったのに! 両手槍はいいけど、コンテンツでは誘われにくいしね!アンコに至っては槍ももてないしね! 侍どのだけズルイでござる!!

そして小物っぷりがよかったゾッグホッグくん。最後に大Excenmilleにボコられたのがおいしいなー。


あ!そういえばハルヴァーどこいった!

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
PROFILE
preview Profile
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新トラックバック
ブログ内検索
TBP

Copyright (c)Vosavosa's Travels in Vana'dial All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]